めんへらるんるん

がちめんへら女子を合法観察できるブログ

「きちんと写らない」カメラが面白い

 

f:id:menherarunrun:20180722013113j:plain

僕が持っているカメラはいくつかあるんですけど、「きちんと写らない」カメラもあります。不良品じゃなくて、そのカメラの特性。「きちんと写らない」ことが多いのを承知の上で購入しました。Diana Miniっていいます。

 

実際、めちゃくちゃでハチャメチャで、フォーマットも特徴的だから現像してくれる写真屋さんも限られる(写ルンですとかなら、巻送りがしっかりしてるから現像してくれるところ多いけど)。撮ろうと思ったのが撮れてないとか、何回もフィルム外れたりとか、手こずるこけどやっぱり面白いな~。

 

f:id:menherarunrun:20180722014731j:plain

失敗により、中央下に謎の建物が爆誕してますね。

 

レンズがガラスじゃないのでぼんやりしていたり、シャッターを上から下にガチャンと切る構造で手振れ起こりやすかったり、こうやってフィルム巻けて無かったり・・・。現代社会にキレられそうなカメラですけど、だからこそ思いがけない写りをしていて、それが楽しいんです・・・。

 

デジタルだったら、「うまく撮れてないな」っていうのは撮った直後に脊髄反射のように判断しちゃうところがあって、すぐに「もう一枚とろ」「撮り直そ」ってなっちゃうけど、フィルムは取り返しがつかないし、現像されるまで分からないから、その脊髄反射のような判断が下されないんです。だから、デジタルでは切り捨てられるような写真が生まれてきて、それがまた意外で「これはこれでアリ」「いい写真じゃん」「作品だね」「奇跡の一枚」って思える。面白い。

記録のために写真撮るなら、スマホありますしね。

ちなみにこういうカメラなので、本体だけならちょ~安いです。

 

家ではアイパッドとPCとスマホ3DS全部つけて全部再生する生活している僕ですけど、こういうハイテク時代とは別の世界線上の趣味を持てているのは偶然の巡り合わせにしろ、いいなって思えます。

 

 

写り方がハチャメチャなので現像してくれるところが少ないのが最大のネックだった!けど、このシリーズカメラのインスタント版が開発中ということで、楽しみ。チェキフィルムで撮れるのはすごくいい。リンク張っときますね。(布教)

 

motion-gallery.net

病み垢と、リスカ画像を見てしまうリスク

病み垢にいるとリスカ画像などの「見るの辛い」「痛々しい」画像を見てしまうリスクが上がりますね。Twitterの「不適切な画像を表示しない」を設定していても、すり抜けてくるものがあるんですよね。

 

病み垢には自傷する人たちが多いからっていうのが原因だろうな~。必然的に。

 

自傷することは否定しないし気持ちわかるし(僕もやったりやってたり)、だけど突然そういう画像が表示されたらビクッとしちゃうね。

 

写真撮ってアップするな!で根絶するもんでもないでしょうし、画像を見て「うわっ」って思った人がいたらその瞬間その人の注目は自分に向いてるってことで、それが欲しくて、それが自分の存在を証明してくれるんだ、っていう気持ちも分からなくもない。自傷画像についてディスったり叩かれたりしても、それって自分の発したものが誰かに(どんな印象であれ)キャッチされたっていうことだもん。

 

アップする人ってめっちゃ辛い状況なんだなって思います。どの立場から言ってんだって話ですけど・・・。

「別の形で昇華しようよ!」っていうのも、きれいごとに感じて跳ねのけたくなるよね。聞く余裕ないし、それが出来たらやらねーよ!うるせえ!って感じ。だから「わかる」としか言えない・・・。

 

大きな声を出せるようになりたい

普段そんなに大声で話す必要性を感じていなかったので、そんなに思ってなかったんですけど、やっぱり大きな声出せるようになりたい

 

相手の言っていることが聴き取れなくて、2回聞き返しても分からなかったら諦めるじゃないですか。レジのバイトしてたときもそうだったし、食事会に参加してもそうだし、電話応対している時もそう。聞き返しまくるのは相手にも失礼だから。

諦められたらそこで終わりな訳で、人によっては2回じゃなくて1回聞き返して分からなかったらNGな人もいるから、伝えたいことが伝わらずに終わることってすっごく勿体ないな~と思ったんです。

 

そして、はっきりとした声が聞こえる人ってホントに印象がいい!

あと声出してないと声出せなくなるね・・・。

 

「唐揚げがお買い得です!いかがですか!」と声を出しまくっていた学生時代から声量は落ちました。そしてしょっちゅう聞き返される。相手に対して申し訳なさを抱いてモヤモヤしちゃう。

 

なのでちょっとずつでも普段から声出すようにしないとなって、今日デパ地下に行って思ったことです。ニッコニコしてお買い物しているおばちゃん、声がデカい

 

リハビリとして、コンビニで「ポイントカードお持ちですか?」って聞かれたときに無言でカード出すのやめるようにしてます。「あります」と言って出す。これなら聞こえても聞こえて無くてもセーフだしいいかな。まずはこのくらい小さなことからだな・・・。そのためには外出しないとね。

 

引きこもってるといかんな。

ブレーカーが落ちるように心のブレーカーが落ちてフリーズ

エアコンとドライヤーと電子レンジを同時に使うとブレーカーが落ちて、電気がプツンと切れてしまうように、感情や情報が多すぎると心のブレーカーがプツンと切れちゃいます。そうすると無です。フリーズです。切れた瞬間に今まで考えていたことも真っ白だし、動作停止です。

 

外からの刺激(例えば、音とか光とか色の数とか)は、頑張れば多少低減できます。イヤホンするとか目をつぶるとかね。でも、自分の中から湧いてくる感情パニック状態ってなかなか低減できなくて、こやつが大きな原因で厄介です。

 

相手が何気なく呟いた一言でも「どういう意味?」「こういう意味?」「嫌われたかな?」「いやこないだ遊びに行ったし」「あの子にはああ言ってたよね?」「なんで?」と感情が暴走しちゃうときがあります。

書いてて思ったんですけど、この感情の暴走って、典型的なヤンデレみたいな思考ですね。

 

「これも外からの刺激のひとつなんだから、ツイッター見たりライン見たりしなきゃ済むじゃん?」と思いきや、そうもうまくいかず・・・。

近くを救急車が走り去っただけで感情が暴走することもあるし、外出先でえらく笑顔を浮かべて歩いていく人を見ただけでまた頭の中グルグルになったり、地震が起こるとウワーッってなったり。自分の感覚の感度をすべて「0」に設定できたらいいのにな。無理だな。0にしたら死ぬと思う、生物学的に。死にたくはないんだなあ。

2013年の写真をサルベージしてみた

f:id:menherarunrun:20180718003323j:plain

 

f:id:menherarunrun:20180718002808j:plain

PC周りをいじっていたら2013年の写真出てきました。昔から好きだったんだな、撮るの。

 

f:id:menherarunrun:20180718003017j:plain

このときはまだ一眼のような立派なカメラは持っておらず、全部コンデジ。それでもけっこう綺麗だな~。

 

f:id:menherarunrun:20180718003109j:plain

あれ…約5年前も空港の写真撮ってる…。

もしかして昔っから根っからの空港好きだったのかな、自分自身で「言われてみれば」感覚を起こしてしまった。写真すげー。

 

 

f:id:menherarunrun:20180718003809j:plain

漢委奴国王の金印を見に行ったんだよな~、近くの公園でフルートを吹いている男性がいて、すずめが周りにいたような気がする。

 

写真で思い出せることも結構あるし、気づかされることもあるし、やっぱりいいもんだね!!撮っててよかった。写真好きでよかった。2013年の自分、グッジョブ。

疲れてるときって長文とか横文字多い記事とか読めなくなる

 

f:id:menherarunrun:20180717012216j:plain

 

”セクシャル、マイノリティ、コンプライアンス、ジャーナリズム、バイタル、フィジカル”とかの横文字とか、”当事者、発達、源流、障壁、外的要因、執着、自己愛”とかの、意味を知っていないとわからない、または文章から意味を掴まなきゃいけない単語が、いっぱい含まれている文がしんどい・・・。疲れている時は特にしんどい。

 

生きづらさ研究会のブログ記事でも読むのがしんどいときがあるし、チャットですら「わからん」「ついていけない」という時があって、過去の自分のブログ記事ですら「キッツ」「何が言いたいのかよく分からん」と思う日があるんですよね~。

元気なときはじっくり読んで理解できるけど、無理な日は3回くらいザザーっとスクロールした後、脳がフリーズして、ブラウザバックしちゃう。

 

国語が苦手とか、文章がが苦手とかってわけじゃないんですけど、脳が「頭使いたくないぜ!」ってなってるくらい疲れているのかなって思います。読むのが苦痛って・・・自分の過去記事すら苦痛になるって何・・・。

 

メンヘラ界隈って特に横文字と難しい単語が多くないですか?

ぶっちゃけ未だに”マイノリティ”の意味よく分かってないですし、”アダルトチルドレン”の意味だってよく分かってないのに”AC”と略されると「テレビ広告の話?」って勘違いしちゃう。PMDD”も分からんよな。漢字に直してもよくわからん。

 

あと、精神障害に関する話は、漢字でもムズカシイ言葉多いと思います。

例えば、発達障害と縁の無い生活を送っている人が「定型はこうだろうけど非定型はこうなんです」というツイート見ても、「何言ってるかよくわからん」ってスルーすると思います。定型?非定型?図形の話?数学?

 

文脈から察さなきゃいけないヤツもしんどい。

例えば「前者が私にとって大きな外的要因なのだ」と書いてあったら、その「前者」が書いてあるとこまで戻ったり、「そもそも何についての原因を書いてあるんだっけ?」って遡ったり、すんごい疲れる・・・。読む気失せちゃう・・・。短期記憶すら機能停止してる~??

 

そのくらい読めなくなった時の僕は、インタビュー形式の記事はギリ読めるということに気付いたので、僕のブログは話し言葉が多めです

 

このくらい思考停止するようになったので「普段文章を読んでる時って、無意識だけどめっちゃ頭使ってるんだ!」ってことを、ひしひしと感じます。

「当たり前」が当たり前にならなくなってから、「無意識」だったのが意識するようになってから、気づいたことのひとつです。ありがとう脳。頑張り屋さんだったのね・・・。

コンビニスイーツで季節を感じる

f:id:menherarunrun:20180715235918j:plain

梅雨も結構前に終わって、でもカメラに紫陽花の写真は残ってて・・・。

夏も気づいたら終わっているのかな、なんか秋になってきた~と思ったら冬になるのかな、ちょっと物悲しい。

 

写真の話からは外れるんですが、季節といえば季節の食べ物、スイーツ!

自分が一番感じているのはコンビニのスイーツです。目まぐるしい勢いで新商品が出ては消え、期間限定が出ては消え・・・。だからこそ面白いですね、コンビニって。

見た目もすんごい綺麗なスイーツも多くって(最近だとセブンの七夕ゼリーとか)、もう「スイーツを見に行くためにコンビニ行く」のもいいな。