めんへらるんるん

がちめんへら女子を合法観察できるブログ

LC-A+でバルブ撮影(長時間露光)した方法

f:id:menherarunrun:20180806212926j:plain

f:id:menherarunrun:20180806213009j:plain

イイ感じに出来たのでそのときの撮影方法を書く。

 

<用意したもの>

黒のマスキングテープ

 …べたべたがカメラに付くのが怖かったので、100均じゃないイイやつを購入。

三脚

レリーズ

 

<撮影方法>

①黒のマスキングテープを細かくちぎる(手の小指の爪くらいの大きさを3枚ほど)

②ちぎった黒マステを重ねる(光をとおりにくくするため)

③LC-A+の露出計の上に張り付ける(感度設定の上の小さなレンズのようなところ)

④感度設定を100にする(今回撮影に使ったのフィルムはISO400)

⑤三脚とレリーズをLC-A+に接続

⑥レリーズからシャッターを3~5秒ほど押し続ける

 元々レリーズがバルブ撮影に対応している製品だったら、その仕組みを使ってもよいと思います。カチってなるやつ。秒もお好みでいいと思います。車がめちゃくちゃ行き交う場所なら短めでいいかもしれない。

 

LC-A+ちゃんかなりの重装備になりましたが、現像終わったときの嬉しさが半端なかったので、バルブ撮影やってみてよかった~って思いました。

ちなみに感度計を隠さずに、レリーズ+三脚で撮ったらこんな感じ。

 

f:id:menherarunrun:20180806214519j:plain

感度計がかなりの働き者だったことがよくわかった。