めんへらるんるん

がちめんへら女子を合法観察できるブログ

会話の中に紛れている水風船の威力はやばい

会話はキャッチボールによく例えられますが、僕は、投げ返すたびにボールの色は変わっていって、そしてたまに水風船が混じっていて、たまに爆発して、大量の水が心に吸収されるような感覚を持っています。

 

 

投げ返すたびにボールの色が変わる。これは相手が受け取って相手がコトバで返してくれるから。オウム返しでもないし、無反応でもない。気づいたら最初に話してたこととは全然違う話題で盛り上がってたって事があるのは色が次第に変わっていってたから。その色の変わりが面白さ。ひとりじゃ無理なとこ。

 

たまに水風船が混じっていて爆発する。相手の反応や、自分の心に突き刺さるヒトコトがこれ。いつ投げられていつ爆発するかわからないけど、ボールを投げ合う回数が増えるほど確率増える。で、爆発して出てきた多量の水がドッと自分の心に吸収される。腑に落ちるとか、考え方が変わったとか、その一言で救われたとわ~か、そういうの。

 

誰かと会って話すってかなりのエネルギーがいります。約束して、場所とか時間とか合わせて、当日起きて身支度して向かって、気を使いながらも話して、喉かわいたりお腹すいたりして、帰って。

でも水風船のチカラには及ばん。あれは、すごい。

 

 

「誰かと話すって大切だよ、自然に笑顔になってるでしょ」っていう水風船をくらったことがあります。ですがそっから職場と家の往復期間がありすぎて水分が蒸発しつつありました。けど、このままじゃいかんよなと焦って迷い込んだメイド喫茶と、今日。また潤った感じがあります。

 

あと、けっこう自分話題持ってるなって感じましたね。で今、そういや毎日ブログ更新してるからそっかって自分で納得しました。何で血迷ってメイド喫茶に行ったのかとかそういう話も出来るね。話しましょう。・・・体調良い時に!